これからより良い家を建てたい人がやっておきたい3つのこと

 

これから家を建てるという方は

ちょっと目をかっぽじって、今日の記事を読んでください。

 

これまでに100件以上の家やビルの家相を鑑定させていただきましたが

やっぱり「ああ、これはやった方がいいんだな」というものを3つご紹介します。

 

 

その1 家相・風水をチェックする

 

言わずもがなですが…

これは見る見ないでは、本当に違います。

 

 

なぜ中古物件として売りに出されるのか?

なぜ立地が良いのに潰れるお店があるのか?

中古物件や店舗の情報を眺めて

いろいろ調べていくと、やっぱりここにたどり着きます。

 

中古物件のチラシを眺めるだけで

2時間ぐらいニヤニヤしていられる、それが僕です。

 

その2 土地を良くする

 

究理占術研究家として

いろいろ独自に研究を進めておりますが

やっぱり家を建てる前に「土地を正化する」というのは極めて大事なようです。

 

時には現場に赴き

作業服を着て土地を正化のお手伝いもします。

 

どういう方法で正化するのかは一度ご相談ください。

「そして、なぜそれが効くのか?」についても分かってきました。

 

これはトークイベントでもお話しようと思います。

 

その3 入居日や入り方を決める

 

そこに住む人たちにとって

良い間取りのおうちを建てる重要度は40%ぐらい。

土地の正化も重要度30〜40%ぐらい。

 

残りの20%は新居への入り方があります。

(あとは陰宅風水もありますけど)

 

入居するための方角や時期によっては

せっかく良いおうちを建てたのに効果が実感できない場合があります。

 

僕は家相やビル建設の依頼を受けた場合

必ずこの方位転居の時期や方角から逆算して着工日や工期を鑑みます。

 

もちろん物理的には難しい場合もありますが

最大公約数を取るのと取らないのではまた違います。

 

 

実際にプロデュースさせて頂いた流れ

 

というわけで

家相(墓相)・風水・地相・方位転居

をチェックしてはじめて最高に良い家が建てられます。

 

大きな買い物ですから

慎重に、いろんな専門家に相談しながら進めてみてはいかがでしょうか。

 

にしけい

 - 気学(方位・家相・墓相)

関連記事

【占い大予想】2015年はどうなる?

残すところ2014年もあと少しとなりました。   過去を振り返るのも良いのですが …

なぜ節分は鬼に豆をまくのか?豆じゃなくて○○でもいい?

もうすぐ節分ですね。 前世はリスかげっ歯類だったんじゃないかってぐらいアーモンド …

【気学・風水】売上を増やす間取りと出費を抑える間取りは違うけどつながっている

  どうも、にしけいです。 ありがたいことに、企業や経営者の方々からの …

四緑木星ネットワーク

にしけいです! 最近、いろいろとたくさん発信させていただいております。 アイディ …