World Hand Festival 2017 たくさんのご来場ありがとうございました。

 

やんややんやと騒いでおりました「手フェス」ことWorld Hand Festival2017が無事終わりました!

 

 

Twitter,Facebook,Instagramとか、いろんなところで反響がありました!

 

 

 

 

#ワールドハンドフェスティバル その2 手フェスなので、わたしは #ハンドリフレクソロジー で出店させて頂きました✋💓 . たくさんの方に「すごい気持ち良い~😍」「ウトウトしてきました💤」「手がポカポカしてきました」と、お喜び頂きました❤ ただ、今回は止めておこうと思っていたのですが・・・ やはり施術中は、どうしてもお客様の状態がガンガンに伝わってくるので、ついつい「もしかして○○○ではないですか?」と、いつもみたいに伝えてしまいました💦 今回は、簡単なアドバイスしか出来ず(そしてピンポイントな発言に驚かせてしまい)ゴメンなさい💦 でも、これが気付きとなり、良い方向へどんどん進むとイイナ~と思います😊 ありがとうございました🙏💓 . そして、イベント運営の皆さんに、お疲れ様&ありがとうの気持ちを込めて、耳つぼケアをプレゼント👂 と言うか、わたし誰かの耳を触っていないと落ち着かなくて・・・😂 (サロンのメニューに、すべて耳つぼケアが含まれている理由がこれです。笑) 耳フェチとかそんな可愛いもんじゃなく、もはや病気ですね😂 とても楽しくて面白いイベントでした!また新たな発見もあり、出店させて頂き、本当に良かったです! ありがとうございました🙏💓 . #手フェス#ココナッツカレー#カレー#カレーライス#ハンドメイド#ハンドメイドアクセサリー#ハンドメイド雑貨#ハンドマッサージ#ハンドトリートメント#気功#気功整体#パワーストーン#パワーストーンブレス#耳つぼジュエリー#イベント#ワークショップ#名古屋#栄#矢場町#栄駅#手相#占い#理系男子#愛知#耳つぼ#手フェチ#講座

名古屋 耳つぼジュエリーサロンMaryさん(@sdbm.ig)がシェアした投稿 –

 

 

昨日の #ワールドハンドフェスティバル では #理系男子 による #トークショー がありました🎤 気とは何か?気功は科学で解明できるのか?など、とても分かりやすくて面白かったです🎵 わたしも気功のプチ体験させて頂きました🙌💕 . 軽く手を触れているだけで、体がズズズーッと引っ張られたり・・・ . 怒りや悲しみのマイナス思考をコントロールされて、どうやってもマイナス思考になれなくなったり・・・ . 動画からも分かるように、自分の意識とは関係なく体が動くんですよ! (動画はやらせ感があるけど、ガチです😁) . 貴重な体験でした✨ . #手フェス#栄駅#栄#矢場町#名古屋#理系#氣#気功#氣功#気功整体#手相占い#手相#占い#手#手フェチ#worldhandfestival#占い師#整体#トーク#愛知#イベント#面白い#不思議#科学

名古屋 耳つぼジュエリーサロンMaryさん(@sdbm.ig)がシェアした投稿 –

 

 

 

#手フェス #ありがとうございます #名古屋 #栄 #占い #viviennewestwood #フェス #違う角度から #かぶりもの #不審者

にしけいポン_NishikeiPonさん(@nishikei_pon)がシェアした投稿 –

 

実は裏テーマがありまして…

 

今回の手フェス

「手はもっと便利でおもしろくなる」というスローガンのもとに開催されましたが

自分の中では「いつもお世話になっている人たちへの感謝祭」という裏テーマがありました。

お世話になっている人たちというのは主に「手相教室の生徒さんたち」です。

2015年に開始した手相教室ですが、気づいたら生徒さんが40,50…東京や大阪まであれよあれよと増えていきました。

現在も開講待ちのお問い合わせがかなりあって、待って頂いている状態です。

来年は手相の需要がありそうなあの国でも講座を開くことを計画しております。

なぜここまで手相教室や気学教室をやるのかというと、何よりも自分の勉強になるからです。

「教える」と言いますが、実は自分自身が1番教わっています。

生徒さんからくる質問や斜めからの意見が僕の閃きや学びに繋がっています。時にはこのブログのネタにもなっています。

そんないろいろ教えてくれる生徒さんたちにも「教える場」や「占いできる場」を作りたいというのが、今回の裏テーマだったのです。

 

会場は小さくてゴチャゴチャしている方がいい

 

今回の手フェスは、とにかくゼロ→イチをいかにやるかに気を配りました。

「World」なんて大げさな名前がついていますが、僕の中では2日間で50人ぐらいきてくれれば成功かなと思って気楽にやっていました。

 

生物は何か新しいものを生み出すときにすごくエネルギーを使います。

「手フェス」という手に着目したイベントというものに前例がない(認知していない)ので、生み出す必要がありました。

ハードルや目標が高すぎると、心折れて挫折してしまうので無理なく「小さく生むこと」を意識していました。

元リクルートで校長先生という稀有な経験をおもちの藤原和博さんが書かれた

「35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画」の言葉を借りるなら「修正主義」を強く採用しました。

 

 

 

 

なので、会場を決める際はこんな条件を考えていました。

 

 

1.なるべく安いところ

2.雨でもできるところ

3.狭いところ

4.温かみがあって寂しさを感じさせないところ

 

1は普通なのですが

2~4は、お客さんが少ない、出店者が集まらない…ということになっても絵的に「寂しさが出ないように」という狙いです。

「インスタ映え」という言葉が流行語大賞にノミネートされているように、世間は見た目の華を重視する傾向があります。

そんな時代に、人もまばらで殺風景なイベント会場の写真がSNSに投稿されても誰も見向きもしません。

オギャアと産声をあげてせっかく生まれた手フェスが誰にも見てもらえないのは少し寂しい…でも、なるべく小さく始めたい。

ということで今回の会場に決定しました。

 

 

 

お世話になったので宣伝しておきます。

担当の方の対応もすごくよかったです。

 

今後は会場を貸し出す側も、サービスを提供する側も

ビジュアルがより重視されるのでしょうね。

 

来年もやるよ

 

「感謝祭」と言いながらも、実は手相教室の生徒さんたちに手伝いまくってもらった

むしろ、僕は本当になにもしていないので「感謝祭」になっているのかわかりませんが…

 

今回、みなさんのご協力のおかげで手フェスのゼロ→イチに成功して

思ったよりも多くのひとたちに産声を届けることができました。

 

あと15人ぐらいにその声を届けられるように。

ぐらいの気持ちでゆるーくですが、来年も開催します。

 

修正主義。少しずつ。1歩ずつ。

無理なく続けることが大事。

 

僕の思いつきに、ご協力頂いたみなさま、遊びにきてくださったみなさま。

本当にありがとうございました。

 

にしけい