偶然じゃない!偶然性から答えを導く卜術は最強の統計学!

 

「タロットは信じられない」とか

「手相は統計だから信じられる」とか

占いに統計学の要素を求める人がいるんですけど

 

実際勉強していて感じることは

タロットとか易といった偶然性から占う卜術(ぼくじゅつ)の方が

恐ろしいほど統計学の要素が強いです。

 

 

統計のデータ元はどこにあるか?

 

四柱推命・ホロスコープといった命術のデータのソースは暦や過去の偉人たちの経験です。

手相・顔相といった相術のデータのソースはその人が蓄積した知識や経験です。

このデータの元は実際に目に見える、意識で認知できるモノ(手とか天体の動きとか)なので

人々はそのデータ元に信頼性を感じます。

「データ元は天体の動きのデータや、手の形を観察したものですよ」と説明すると

なんとなく想像できてしまうので、信じることができます。

 

打って変わって

易・タロットといった卜術のデータのソースはアカシックレコード(潜在意識)です。

関連記事:

あなたの肉体は本当に便利?生きる目的はサッカーや林間学校と同じかもしれない。

 

 

ありとあらゆるモノやコトから集められた情報集合体(アカシックレコード)からダウンロードした情報を

タロットや筮竹やコインで読み取り、それを伝えています。

 

卜術は、命術や相術に比べデータ元の情報量が圧倒的に多いのです。

 

そして、多すぎるがゆえにそこからタロットや卦にダウンロードした際に

読み手(占い師)によって読みきれない、明確にならない…「意味不明」という事態が起きてきます。

 

これは「見える系」「感じる系」といったインスピレーションで占いをしているにも言えます。

おそらく、ダウンロード元は同じです。

 

しかし、受け取り手の力量や人間性能によってその質が変わります。

読み手のフィルターを通して伝えられますから、ここでも誤差が生じる可能性があります。

 

例えば、データ元から送られてきた情報が

「頭がハゲている、ボロボロに傷ついている男性」だった場合

それを「落ち武者」と読み取り、そう伝えてしまう可能性があります。

 

 

本当は「ストレスでハゲて交通事故にあった男性」だったかもしれないものが

読み手のフィルターや伝え方によって変換されてしまうわけです。

 

 

卜術はクラウドとスマホの原理

 

卜術とクラウドはよく似ています。

クラウド

スマホで撮影した写真などのデータを

ネット上に保存・ダウンロードできるクラウドコンピューティングのシステム。

 

 

これは「卜術」と「アカシックレコード」の関係と似ています。

 

スマホの容量や解像度などによって、ダウンロードしたデータの出力の精度が変わるように

先述した「落ち武者」の例のようなことが起きてきます。

 

また、データのアップロードが自分からのみではなく

ありとあらゆる現象から情報が蓄積されるため

やっぱり、卜術は最強の統計学なんです。

 

なので、タロットや易経をされる方は

他の占術と比較して卑下せず、自信をもって占っていいと思います。

 

なんとなく分かりかけてきた卜術

 

実は僕は手相を勉強する前に易に手を出しています。

しかし、全くもってチンプンカンプンすぎて挫折しています。

そのあと、気学を習得する前にも一度チャレンジしていますが、やはりこのときも挫折しました。

 

三度目の正直。気学をある程度理解できるようになってきたタイミングでチャレンジしました。

ようやく「易」の面白さが理解でき、上述したような「自分なりの解釈」を得ることにも成功しました。

これからもっともっと極める必要がありそうです。

 

どうやったらよりうまくなれるか

 

ダウンロードできるデータ量は万人にとって不変なんでしょうけど

それを処理する能力がスマホやパソコンによって違うのと同じで

ダウンロードしたデータをどう扱うか、どう発信するかは術者の実力や感性によります。

 

このデータを扱う能力を上げるには

あたまの柔らかさ…つまり、水平思考がカギになるようです。

 

あとはやっぱり、それ以外のデータとも組み合わせながら見ていくのもうまくやるコツなのかもしれません。

思えば今年の3月にこんな記事を書いておりました。

 

このあたりから、目に見えない世界のデータ元の存在に気づき

それを自分の手相データと自然と照合するようになっていたのかもしれません。

 

 

目に映る全てのことがメッセージ

 

ユーミンが「やさしさに包まれたなら」の中で歌っている

目に映るすべてのことがメッセージ

 

この歌詞は卜術を物語っており

ユーミンは占い師か魔女なんじゃないかと僕の中で噂になっています。

 

実際、目に映ること・聞こえる音・感じることは全てメッセージです。

無数にある情報の中で、無意識がその情報を選び取って生きているわけですから

本当にどれもこれもないがしろにできないところがあります。

 

あなたがこの記事を読んだということも、何か意味があるんでしょうね。

 

にしけい

 -

関連記事

【手相×易占=手卦】手の血色法やホクロを用いることで手相から卦を立てられる

    手の中に先天定位が存在するという記事を書きましたが… …

【手相×陰陽五行】手の中に先天図を当てはめると丘を使わなくても8割は手相が理解できる

  手の中にも陰陽があるという閃きから生まれた「陰陽エントロピー手相術 …

なくした探し物が見つかる…易占の面白さは異常!

  究理占術研究家のにしけい(@nishikei_)です。 手相、気学 …

手相の新しい使い方「手卦」について解説しておきます(陰陽エントロピー手相術の活用方法)

  陰陽エントロピー手相術を出版して早2ヶ月が経とうとしております。 …